家庭での脱毛はどれくらいお金かかりますか?また、注意点とかありますか?

なかなか日常生活が忙しい人って、脱毛エステになんか通っている暇はありませんよね。

 

子育て中のお母さんとか、結婚しばかりだったら家事の要領もままならないので大変です。
また、単純に仕事が忙しい人もいると思います。

 

そういった人が脱毛をしようと思うと、毛処理のほかには家庭用脱毛器を使うという方法があります。
ということなので、今回は脱毛器を使ってご家庭でムダ毛を撃退することについてお話しましょう。

人気の脱毛器

「ケノン」
フラッシュ脱毛器で、販売しているエムロックはケノンはエステ並みの性能を誇ると豪語しています。
大体7万円相当の価格で売られていて、確かにスピード脱毛ができるし応用も利くので非常に便利です。

「トリア」
家庭用脱毛器なのにレーザー脱毛ができる画期的な商品ですが、永久脱毛はできないでしょう。
価格は安めの3万円ほど。ただし、ケノンと違ってチマチマした作業が必要になってきます。

「ノーノーヘア」
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛などと違い、厳密には脱毛することはできない機械。
とてもコンパクトで、熱線式脱毛という手法でカミソリよりも遥かに綺麗に毛処理することができます。

 

個人的にオススメなのは一番上のケノンという家庭用脱毛器ですが、少々値段が張るのが痛いですね。
しかし、トリアなどと比べると圧倒的に性能がいいので、ご自宅での脱毛にはやはり1番オススメできます。

 

意外と脱毛器の方がお得?

エステではよくキャンペーンを行っていて、結局後ろの本コースを何度も通うはめになりますが、
そうすると結局、何十万円もの費用をエステに投資することになります。

 

しかし、家庭用脱毛器であれば最初に数万円を支払うだけで、この先ずっと自宅で好きなときにフラッシュ脱毛なりの施術をすることができますから、長い目で見たら実はこちらの方がお得だったりするかも。

 

でもそれはあくまでも消費者であるお客さんが決めることなんです。

 

自分には脱毛エステに通うのがあっていると感じればそうすればいいですし、
もし、忙しくて時間が取れないという人は、多少のお金を最初に払ってでも家庭用脱毛器を購入したほうがいいのでしょう。

 

脱毛エステと脱毛器の特徴

脱毛エステサロン メリット:キャンペーンが安い。プロの施術なので安心。店にもよるが機械が最新鋭。ドクターサポートも店によってはある。

デメリット:通うのに時間がかかる。勧誘があるかも。本コースから料金が倍以上になる。

家庭用脱毛器 メリット:自宅でいつでも気軽に自由に脱毛できる。

デメリット:最初は使い方を覚えるのに手間がかかる。何があっても自己責任。初期費用がデカい。機械によっては脱毛効果がない。